ケータイ小説 野いちご

涙が枯れる日 Ⅰ【完】

事件












私はご飯を食べて、お風呂に入ってベッドで寝転がっていた



ブ-ブ-ブ-

突然携帯が鳴った

電話を掛けてきたのは雷輝だった



雷輝は天龍の総長で、内田雷輝(ウチダ ライキ)
と言う






「もしもし?」


「俺だ」


え?私軽く俺俺詐欺にあってるよー(笑)


誰からか分かるにしても名前ぐらいいーなよ
とか心ん中でツッコミながら電話にもどった




「うん。どうしたの?」




「いや、最近桜花倉庫に来なくなったから」




「あー、私最近用事で忙しくてね」

「そうか。ならいい」

え?なにそれ?どうでもいい感じ?
なんかショックー
てか、絶対俺様入ってるよ雷輝…



「うん。明日は行けたらいくね」




本当に理子ちゃんからの嫌がらせのせいで気まずくて、倉庫にはなかなか行けていない



嫌で行っていないのと違うから寂しい…



でも、理子ちゃんとはあまり関わりたくない



だから寂しくても倉庫には行かない。




「そうか、じゃーな」

< 8/ 366 >