ケータイ小説 野いちご

ラグタイム

Ragtime2◆バレたらクビよ
無愛想な彼と料理レッスン

翌日。

「おはようございまーす…」

『ラグタイム』に出勤したあたしの心は憂うつで仕方がなかった。

休み明けだからと言うものももちろんあるけど、1番の理由は週1回に抜き打ちで若頭藤本があたしの家にくると言うことである。

そのうえ、藤本さんのために料理を作って出さないと行けないなんて…。

過酷過ぎる試練に息を吐きながら、あたしは制服に着替えた。

本日のメインを確認するため、着替えを終えたあたしは厨房へ向かった。

冷蔵庫のドアにホワイトボードが設置されている。

そこに藤本さんと赤川さんが話しあって決めた本日のメインが書いてあるのだ。

厨房に顔を出すと、
「ああ、おはよう」

赤川さんがすでにいた。

「おはようございます」

あたしは会釈をすると、ホワイトボードに向かった。

< 83/ 340 >