ケータイ小説 野いちご

喜びを無くした少女 上

闘い

雷「「「「ごるぁ゛!!」」」」

そんな言葉と共に、走って殴りかかってくる男たち。


その中のほとんどが鉄パイプやナイフなどを持っている。

ホントに負けないよな?

そんなことを思いながら相手の攻撃をすらすらと避ける。

そして腹部に一発殴る。

よし。ヒット。

案の定男は倒れた。

つぎっと。

次はナイフか。

私は、微笑む。

するとナイフを持った男が襲いかかってきた。

< 12/ 20 >