ケータイ小説 野いちご

ヒカリ

はじまる

「あぁっ!村井さんが帰ってきたぁ♡待ってたんだよぉ♡」

「、、、っ」

私は、喘息を持ってる。最悪、死ぬだろうな。

「部屋、宵田と一緒だから」

宵田瑠莉....か。宮塚よりマシか。

「じゃ、今日もう授業終わったからw部屋行こ!」

宵田瑠莉が言う。嘘をつくな。まだ朝の8時半だ。

< 16/ 38 >