ケータイ小説 野いちご

君と奏でた思い出-桜ノ散ル頃ニ-

第一章~タイムスリップ~
妖刀-舞桜狐-

到着~♪

「6着選んでくださいー!勿論男様ですよ」

「わかった」

どれにしようか…
ん?これはいいな

桜來が選んだのは
薄桜色の生地に
金色の桜の刺繍

「これ、どう?」

「綺麗…ボソッ。いいですね!」

桜來の髪の色は薄い茶色に
桃色の瞳なので凄く綺麗だ

そういえばなんで
この姿を追及してこなかったのかな?
そっちの方がラッキーだけどね

気にしないでおこー

そして3着決まった

「あと、3着きまらねー…」

「決めてあげましょうか?」

「おう」

< 35/ 120 >