ケータイ小説 野いちご

君と奏でた思い出-桜ノ散ル頃ニ-

第一章~タイムスリップ~

「ここはどこだぁぁぁぁぁぁぁ!!」

少女の悲痛な声が京に響いた

――――――――………


遡ること五分前。

彼女は狐紅鈴神社の掃除をしていた

すると、桜の木が光っていたんだ




近づいてみると…

光に包まれて気がつくと此処にいたのだ

< 1/ 120 >