ケータイ小説 野いちご

友達以上♡恋人未満

第1章

❁颯希side❁

ピーンポーン

「あっ、来た。じゃあ行ってきまーす‼」

玄関のチャイムが鳴ったとほぼ同時にお母さんに挨拶し玄関のドアを開ける。

「おっはよー‼」

「はよ。朝から元気だな相変わらず。」

ふっ。と目の前で笑ってるムカつくやつはは、浅野太心(アサノタイシン)。
あたしの幼馴染み。

「だって、なんか気分いいんだもんっ。」

そして私が瀬尾颯希(セオサツキ)。
私の長所は、運動と勉強が得意で、明るい所ってよく言われる。

「まぁ、お前らしくていーけど。」

「あぁっ‼今、見下したでしょ!?」

「べっつにー?」

「うざっ‼もー、早く学校行こっ!」

「へー。うざいとか言ったら後ろ乗せてやんないよ?」

くっそ、こいつ~!調子乗りやがって~!
つくづくムカつくヤツ!
あたしは毎日、太心の後ろに乗って、登校してる。
あたしは、自転車の鍵をかけてなかったせいで誰かに盗まれて、新しい自転車をお母さんが買ってくれない。
と言うことで太心の後ろに乗っていく。
学校までは結構な距離があって...。

「あーもーごめん!よしっ。行こ?」

「それ、謝ってんの?」

「ごめんって言ったじゃーん?」

< 1/ 4 >