ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

密室ゲーム

川瀬由里子



「ゲームって」


由里子から漏れたその言葉。


それを皮切りに、哲夫が納得したのか一度首を縦に振ると口を開く。


「このゲームってのをさせたかったって事かな」

「ですね」

「ゲームって何だよ!」


哲夫同様に冷静に納得する修二とは違い、守は苛立ちをぶつける様に喚くだけ。


その時、ブゥン…という音の後に桜の震える声が響く。


「あっ、…また…文字が……」


画面に映し出されていた文字が変わっている。



『最初のゲームは、国語辞典ゲーム』



その文字に由里子の目は釘付けだ。


「国語……辞典」


何で国語辞典なんてあるんだろうかと思っていた疑問はあっさりと解かれる。


「どうやら、由里子さんの部屋に置かれていた国語辞典はこの為のものって事かな」


哲夫のその言葉に由里子がゆっくりと頷く。


と、またブゥン…という音と共に画面が変わる。


< 48/ 242 >