ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

密室ゲーム

川瀬由里子



由里子が元の部屋へと戻ったのは一番だった様で、少し待つと、桜、修二、哲夫の順に戻って来た。


4人が集まったのを確認して哲夫が口を開く。


「じゃあ、部屋の中の様子を」

「まだ一人戻って来てないですよ」

「ああ。……守君か」


話を始めようとした哲夫に修二か割り込むと、そう言いながら哲夫の眉間に皺が寄った。


ハッキリ言って、由里子もこの4人だけで良いのでは…と思っていたのだが、修二は違ったらしい。


「守さんが自分の部屋の様子、言うとは思えないけど」


修二に向かって由里子が唇を尖らせてそう言ってみるも、


「それでも全員揃ってからの方が良いと思います」


ハッキリと意見を言われてしまうとそれ以上は由里子も何か言える立場ではない。


「そうか」


修二の意見に納得したように答えながらも、哲夫も眉尻を下げている。


守を待った所で、結局話には加わらないだろうと思っているのだろう。


< 28/ 242 >