ケータイ小説 野いちご

紅一点の最強美少女!!!

再会=喧嘩騒動 これ、テストに出ますよ。




『眠ー……』


声から不機嫌であることを一瞬でわかってしまうようなトーンで、ボソッとそう呟く。



ただいま朝の4時。



こんなバカみたいに早い時間に学校に集合させられたのは、例のアレが原因だ。


そう、例のアレですよ。
文化祭で1番儲かったのはやはり私達のクラスだったらしい。



それで、私たちが旅行に行けることになったんだよね。


そこまでは良い。
むしろ嬉しい。


だけど、今不機嫌マックスなのは御察しの通り集合時間が早いせいです。


普通四時集合にします? どう考えてもおかしいよね。


『……眠い…』


『おい、お前それでその台詞7回目だぞ?』


呆れた顔で私を見る将の言葉に、眉間にしわを寄せる。

逆になぜ君はこんな朝から通常テンションでやっていけるんだ。
その秘訣をどうか伝授してほしい。

『眠いものは仕方ない』


『低血圧? ってやつなんだね、杏ちゃん』



< 153/ 159 >