ケータイ小説 野いちご

暫定彼氏〜本気にさせないで〜

同期と後輩の狭間で……







「飯、行かないか?」





いつもの如くざわつく社員食堂にて日替わり定食(小鉢抜き)を食べながら志賀が言った。


「飯って今、食べてるじゃない。」


「なぁ、お前、それわざと?それとも単にアホなのか?」


相変わらずの失言につい忘れそうになるけれど………


「まっ、そういう抜けた所も可愛いんだけどな。」


「な、何言ってんのよ…。」


そう……志賀はこんな私の事を好きだと言う。


「仕事終わりに飯行かないかって聞いてんの。」


「二人で?」


「だったら?」


志賀の顔が急に真剣な顔になる。












「ダメに決まってるじゃないですか。」


毎度ながらのタイミングで暫定彼氏の登場だ。








< 96/ 229 >