ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暫定彼氏〜本気にさせないで〜

温泉だよ、全員集合!

何だかんだと言いながらも暫定彼氏、加藤 陽日(かとう はるひ)との関係は続いていてあっという間に一ヶ月が過ぎていた。


ここの所、向こうも私も忙しくて、中々ゆっくり会える時間がない。


それでもメールや電話でいつもの様に陽日とのくだらないやり取りはあったりして


その度に陽日に小言を言いながらもそんな時間を私自身、楽しんでいた。


後、仕事帰りにご飯を二回食べに行った。


その内の一回は志賀も一緒だけど。


これと言って変わらない日々。


あの時ーーー


気持ちを伝えるからってあんなにも熱のこもったキスをしておきながら陽日は、結局あのキス以来、これとっ言って何も言わないし、してくる事もない。


なんだったら手すら繋がれていないからね。


べ、別に何かされたい訳じゃ無いけどさぁ。


だから暫定彼氏だって言っても特に何かが劇的に変わった訳でもなくーーー


いや、変わった所もある。


私はきっと陽日に惹かれつつある。


陽日を思うともっともっと陽日の事を知りたくなっている。


そういうのってーーーー


恋なの?










まだ確実な思いでは無いけれど、これだけは言える。


陽日といるととても楽しい。





< 82/ 229 >