ケータイ小説 野いちご

謎に親友ぶってくる女の別垢ブログを覗いてみた

初ランデブーは後輩君と
阻止

「結構いい時間ですねぇ」

「ホント。次がラストぐらいかも?何する?」

「あ、観覧車がいいですぅ。夜景とか、多分キレイですよぉ?」

観覧車ねぇ。いかにもデートのシメって感じ。
なんて言うかこの子ヒネリがないな。まぁいいけど観覧車好きだし。

「あ、見てくださいよぅ。カップルはハートゴンドラご招待ですってぇ」

言われて看板を見てみると、確かにそんな表示がされていた。
えーと、【カップルの方にはハートのゴンドラに乗っていただきます!】あ、これ強制?
でもあたしと音羽君だとカップルに見えなくない?音羽君めちゃくちゃ美少女フェイスだし。

「カップルですかー?」

「はーい」

ちょ、待て待て待て。せめてあたしに確認取ってからにしろや。

「まぁいっか。これ乗ってさっさと帰...」

言葉の途中で突然、グイッと腕を強く引かれた。何事!?

< 38/ 67 >