ケータイ小説 野いちご

漆黒の闇に、偽りの華を

ミーティング



もうどれくらいこうしているんだろう?


戻らなくちゃいけないのに、体が全く動かない。


ミーティング……始まっちゃってるかな。


恭が参加して欲しいって言ってたのに、いきなりすっぽかすなんて……。


みんな……怒ってるかな?





ブレザーのポケットに入れていたスマホが突然振動する。


画面を確認すると、"栗原 恭"の表示。


始めて見るその表示に戸惑う。


そっか。


連絡先交換したんだっけ……。


「……はい。」


『茉弘!?今どこに居るんですか!?』


「あ……ごめん。ミーティング……始まっちゃったよね?」


『そんな事どうでもいいんです!もうこんなに暗いのに一人で出歩いて!今どこなんですか!?』


「……トンネルの前……落書きいっぱいの……。」


『分かりました。すぐ着くからそこに居て下さい。』


言い終わるか終わらないかのうちに電話が切れる。


どうしよう。


今は恭に会いたくない。


この場を離れなきゃ!


そう思って立ち上がると、後ろから手首を掴まれ引き戻される。


「ひっ!」


「そこに居てって言ったのにっ……どこにいくんですか!……はぁはぁ」


あたしの手首を掴んだのは、恭だった。


もう片方の腕で汗をぬぐい、肩で息をしている。


< 79/ 200 >