ケータイ小説 野いちご

伝説の元総長

5章


ー朝ー


『おはよう!』


奈々『あら、今日は早いじゃない!』


『早く皆に会いたいからね!』


夜乃葉「もう行くの?」


『うん!行ってきまーす』


ガチャ。


ん?青羽?


『青羽?おはよ!どうしてここに居るの?』


青羽「迎えに来た。」

大丈夫なのかな?

『ありがと!大丈夫なの?無理しなくていいからね!』


青羽「夜空なら大丈夫。」


『そっか、ありがと!バイク乗るね?』

よいしょっと

私スカートじゃん!バイク乗ったら見えちゃう!

青羽「ゆっくり走るから大丈夫。」

< 63/ 178 >