ケータイ小説 野いちご

白色なみだ .* 

白色







1人になった教室で、
私はボーッとしていた




「…確実に、失恋しちゃった…」



思いを伝えることなく
終わった、私の初恋



甘酸っぱくて…


苦しかったり、辛かったり


でも、思い出すのは
嬉しかったことばかりで…




これで…

よかったんだよね…







ーーーガラッ



教室のドアが開く音がして
パッとふりかえる



「…池田くん…」



池田くんは、ゆっくりと
私のほうへ歩いてくる



「…お前、泣きそうな顔してる」


眉を寄せて、私の顔を覗きこむ池田くん



「…え…?」



な、泣きそう…? 私が…?





「…泣けよ」


優しく、私の頬を撫でる仕草に
私の目から一筋の涙が溢れる





< 27/ 32 >