ケータイ小説 野いちご

白色なみだ .* 

甘酸っぱい、恋心
パウンドケーキ








次の日…




「千佳、今日は購買行かない?」



彩花ちゃんの提案で
私たちは購買に来ていた




「混んでるね~」


「ま、この時間は混むよね…」



人混みに押されながら
なんとか、パンを買って抜け出そうとする





そのとき、


「あっ…」


隣の人と肩がぶつかって、
私はバランスを崩す



倒れるーーー…




そう思った瞬間、ふわりと肩をつかまれて
誰かに支えられていた


慌てて、ふりかえると
ニコッと笑って見下ろす男の子





「一之瀬くん…」



トクン、


と胸の奥が熱くなるのを感じた



「大丈夫…?」


心配そうに、顔を覗きこむ一之瀬くんに
慌ててペコッと頭を下げる



「あ、ありがとう」


ほんのりと、頬が赤くなるのを感じながら
一之瀬くんを見上げる



「どういたしまして」


私の頭をポンポンと撫でると
一之瀬くんは、友達と
人混みに消えていった





ポーッと一之瀬くんの背中を
見つめていると



「千佳、大丈夫~?」

私の顔の前で、手をふって
彩花ちゃんが覗きこむ



「う、うんっ」

恥ずかしさで、顔を俯かせると



「一之瀬くんに助けてもらえて
 よかったね~…」


ニヤニヤと笑って
私の頭を撫でる彩花ちゃん




< 12/ 32 >