ケータイ小説 野いちご

for you …

第2章 1年目 夏
~日記~

どうしたら、心を開いて話してくれるんだろうか、、、

俺はずっと考えていた。そして、1つのアイデアにたどり着いた。

病院内にあるコンビニへ行き、
ボールペンとノートを買った。ノートは女の子向けのを買ったから周りからすごく見られていたけど。

ノートの初めのページにこう書いた。

< 18/ 167 >