ケータイ小説 野いちご

夜ー闇に隠された瞳の奥ー

仲間に、友達に



「もーいーくつねーるーとー、しゅーぎょーしきー」

なにその替え歌。

無理矢理すぎだろ。

あれから数日、すっかり夜に溶け込んだ。

今は龍太のへんてこな歌に引いていたところだ。

「てか、終業式じゃなくてそこは夏休みじゃね?」

「そんなことないよ。終業式が来なければ夏休みは来ないし!」

えー、なんか。えー…。


みんなと団欒としてる時、機械音がなった。

「誰」

「俺ちゃうー」

「……ぐ〜」

「……俺でもない」

「違います」


また私?

まえにもこんな事あったよね、と携帯を出す。

「俺だ」

私だったし。

誠?

まえも誠だった。

「はい」

『みずな、成さんから伝言』

「ん」

『今日から仕事頼むって』

「了解」

『じゃあ、な。なんかあったら言えよ。流も心配してる。連絡してやれ。』

「わかった。ごめん。」

『あぁ、じゃあな。』

「じゃあ」

プーップーッ……


今日からか。

今晩、早速行こう。


そう決めたところで、みんなの視線が私に向いてることに気がついた。

「………何?」

そんな見られるのヤなんだけど。

「いや、なんかかっけぇ電話の仕方だなぁって。見た目モサイくせに。お前何?中身めちゃかっこいい的な?」

知らねぇよ。

龍太は外見いいのに中身残念だよねって言ってあげたい。




< 64/ 587 >