ケータイ小説 野いちご

君はあたしの天然王子

*10* 秘密のキス





――が……




「き…緊張して眠れない…」


明日は目の下にクマが出来ないように早く寝るための準備したけど…


緊張と興奮で、おめめパッチリだよ…



「ね…寝ろ!あたし!」



でも寝れない!!



い…今から緊張してどうすんのよぉ~!?



明日、噛まずに告白できる!?



あたしは必死に寝ようとした。




あ…でも寝れそうかも…




あたしは眠りに落ちていった…






明日は―…







尚陽くんに告白できますように―…







< 89/ 240 >