ケータイ小説 野いちご

君はあたしの天然王子

*2* 彼との再会





あたしは家に帰り、ハンカチを綺麗に洗濯した。




「ハンカチに名前書いてないな…」




ハンカチには ちゃんと名前書きなさい!!



って違う違う!




「あの制服…たしか東高だよね?」




また会いたいけど、手がかりは東高ってことと このハンカチと




あたしの頭の中で繰り返される あの笑顔だけ…





「会えるよね? また…」





あたしは徐々に重くなっていく瞼を閉じて、眠りについた。









< 8/ 240 >