ケータイ小説 野いちご

君はあたしの天然王子

*3* 彼との再会2





―そして日曜日…




「待ち合わせ場所は二町目のロー○ン!!」



あたしはバッチリ支度をして、待ち合わせ場所まで歩いた。



「まだかなぁ?」

時間は十分前。

こうやって人を待ってると、先輩とのデート思い出すなぁ…



もう思い出しちゃダメなのに…



やっぱり あたしって
しつこい女?



まだ好きなんて言ったら呆れちゃうね…




―すると…




「あぁあああ!!!」



「!?」



あたしの隣にいた女の人が叫んだ!!



「どっ…どうしたんですか!?」



「コンタクト!! コンタクト落としたのぉ!!」




えぇぇーー!!?



「大丈夫ですか!? あたしも探します…」



あたしは しゃがんでコンタクトを探す。



「ホントに!? ありがとう~…」



女の人は目を潤ませながらも、その場を動かないようにコンタクトを探す。




コンビニの前で女二人が何してんだか…




< 16/ 240 >