ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。

番外編 ◯ 俺だけの一等星
* もう一度 繋がった心









────────……


─────……




記憶がそこまで巻き戻された時、突然再び目の前が真っ白な光に包まれた。




さっきまで目の前にいた陽向はどこにも見えなくて。




きっと、俺はもうダメなんだ。




すごく悲しいことを悟ってしまう。




もう一度会いたかったけど


俺はもう無理みたいだ。




真っ白な世界の中で再び目を閉じた。




と、その時だった。




「……叶翔!」




そう呼ぶ声が聞こえたのは。




< 414/ 417 >