ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。

番外編 ◯ 俺だけの一等星
* 『はじめまして』







『好きです。

入学した時から安堂くんのことが好きでした。

付き合ってください…!』




『…ごめんね』




あの日、俺は高校に入学してから20回目くらいの告白を受けていた。




もちろん、答えはNOだけど。




『わかった……。

聞いてくれてありがとう……』




その子がそう呟き、俺に背を向けて走り出した時、俺の視界に、体育館の物陰に隠れる人の姿が映った。




……あれ、もしかして。




驚きは確信へと変わっていく。




俺が、間違えるわけねぇし……。




< 409/ 417 >