ケータイ小説 野いちご

小鳥遊さんの愛し方

ーMerryX'mas&Happy Birthdayー









12月25日、クリスマス。




「お、おじゃまします…」




「あら、すずちゃん!いらっしゃい!!」




お昼頃に実家についた俺とすずは、
俺の母さんの嬉しそうな笑顔を見ながら中に案内された。




中では真尋がお皿を並べてて、
すずに気づいた瞬間、走ってすずに抱きついた。




そのあと、母さんに呼ばれた姉さんも2階からドタドタと音を立てながらすずの元へ。




すずも嬉しそうだからよしとしよう。










< 83/ 157 >