ケータイ小説 野いちご

小鳥遊さんの愛し方

ーすずと2度目のクリスマスイブー









クリスマス1週間前のある日の休日。




「じゃあ、クリスマスは千尋くんの実家に一緒に行っていいの!?」




俺の家ですずと2人でクリスマスの話をしていた。




「うん、来る?」




「もちろん!!」




なんでこうなったかというと、
昨日、母さんに呼ばれて実家へと戻ったとき…










< 71/ 157 >