ケータイ小説 野いちご

好きな人は、幼馴染 兼 親友の彼氏です。



「乗る?」

いつもの朝。

いつも通り君が自転車の後ろを
指さしながらわたしの家の前にいる。

「うん!」
わたしは後ろに座った。

わたし、月城琴葉。
肩より少しくらい長い暗い茶髪。
顔もスタイルも性格も、何もかもが平凡な高校一年生。


「ねぇ悠斗?昨日のメールって・・・」

< 1/ 21 >