ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 番外編

紀優side







紀優side






慧「・・これで、紀優の荷がおりたでしょ?」







隣で微笑むのは私の愛しの彼。







紀「・・まぁね」






慧「それと、・・大城竜輝と永井友希だけど」







紀「・・うん」







慧「・・・事故だったんだね」






竜輝と友希は、・・・死んでしまった。







竜輝と友希は組へ行った。







しかし、バイクで敵組へ行く途中、同じ組の傘下が運転するトラックが2人を轢いた。







・・偶然だったんだ。








私の頬に流れる涙。







・・止まらない涙。








・・止まってくれない涙。





< 52/ 70 >