ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 番外編

大輝side






~その後~大輝side






直「今日は結構、弱かったね」






大「ふん!俺らに勝つなんてまだ早いな!」






直「流石大輝!!」







紀優がこの世を旅立ってから3年。






俺らは20歳になった。






俺の隣で拍手している奴は勿論、直登である。






俺らは、今仕事・・・ではなく、ゲーセンで遊んでいる。






正確に言えば、仕事がやってられなくて、抜け出して此処で遊んでいる。







嶽「うわぁ・・大輝さん強いっす・・」







直「嶽はまだまだだね!!」






大「へへん!!」






鼻を高くしているとヴーヴーと鳴る携帯。






一気に静まる3人。








嶽「・・こ・・これ・・・誰の携帯から・・ですか?」









< 16/ 70 >