ケータイ小説 野いちご

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

盛夏
―真夏の夜の夢

第三章 盛夏




第1節 真夏の夜の夢













「………まぶし……」





瞼に明るい陽射しを感じて、あたしは目を開けた。




ゆっくりと上半身を起こして、ぼんやりと周りを見る。






あれ………どうなったんだっけ?




たしか、飛行場で倒れて。



誰かが運んでくれたのかな………。





そう思った瞬間、掌に触れる湿った土の感触に気がついた。




ツルさんの家じゃない。




じゃあ、ここはどこ?





視線を巡らせると、光の洪水に目を射られた。





あまりの眩しさに、反射的に俯く。




しばらくして目が慣れたとき、あたしは自分の姿を見て息を呑んだ。





学校のジャージを着ている。





………え、なんで?



いつの間に?





ぱっと横を見ると、枕にしていたのは、学校のカバン。





おかしい。



ツルさんの家の押入れにしまいこんでいたはずなのに。





よろよろと立ち上がる。




光のほうへ歩いていくと、一気に視界が開けた。






「…………うそ」






掠れた驚きの声が出た。





そこには………モルタル外壁の一軒家や、マンションやアパートがあった。




見慣れた、懐かしい街の風景。





………現代に戻った………?







< 189/ 220 >