ケータイ小説 野いちご

Ri.Night Ⅰ 【全完結】

3. 貴兄


───…



翌日、目が覚めたのはお昼を過ぎた頃だった。


昨日帰ってきたのは確か23時頃で、寝たのはそれから一時間後ぐらい。

そして、今はお昼の13時すぎだ。


計算すると睡眠時間は約13時間。



寝過ぎでしょ……。


原因は考えなくても分かっている。
全部、アイツ等のせいだ。


昨日の不良達。
あの人達のせいで夜中に何度も目が覚めた。


13時間も寝た筈なのに全然寝足りないし。



こうなったらもう一回寝てやろうか。

いやいや駄目だ。呑気に寝てる場合じゃない。


周りにはまだ片付け途中の段ボールが山積みになって置いてあるし。


とりあえず、片付けを始める前に腹ごしらえしよう。さっきからグーグー鳴っているお腹が地味にうるさい。


お腹を擦りながらチラリ、テーブルに視線を移せば、テーブルの上に置かれているおにぎりと唐揚げが置いてある。


昨日の夜、コンビニで買ったものだ。


晩御飯にと買いに行ったのに、結局食べる気がなくなってしまい、食べずに寝てしまった。



「うぇ、まずっ!」



おにぎりを一口頬張ると、口内に広がるのはもごもごしたお米の感触。パサついたご飯がまずい。


でも、捨てるのはもったいないから我慢して全部食べた。


ついでに言うと、唐揚げも固い。



……チンすれば良かったかも。


最後にお口直しにシュークリームを食べて、


「よーし!やるか!」


引っ越しの片付けを開始した。



「おーもーいー!」



学校が始まる前に身体が動かなくなったらどうしよう。なんて思いながら作業を進めていく。


< 35/ 374 >