ケータイ小説 野いちご

Ri.Night Ⅰ 【全完結】

9. 悪夢のはじまり



────…



「おっはよー!」



「うぉ、何だよ東條かよ!」

「びっくりさせんなよな~」



「いやいやいや、こっちの方がビックリだし」



そりゃ教室全体に響き渡るぐらい大きな声で挨拶したけどさ。

そんな事ぐらいで驚かれるなんて思ってもなかったし。



人様の顔を見るなり安堵の溜め息を吐き出したクラスメート達に冷やかな視線を送る。



「……あー、」



成る程。そういう事だったのね。


通り過ぎるついでにチラリと彼等の手元を覗き込んでみると、机の上には散乱したトランプと百円玉が数枚置かれていた。


どうやらトランプで賭け事をしていたらしい。


そりゃさっきの反応でもおかしくないか。先生にバレたら一大事だもんね。


何やってんだか、と呆れ混じりに溜め息を吐き出して、再び自席に向けて歩き出す。




「凛音ちゃんおはよう!」



あたしに気付き、笑顔で手を振ってくれる妃奈。


その笑顔が堪らなく可愛いくて、


「妃奈おはよっ!」


席に着くなり妃奈に抱きついた。



< 139/ 374 >