ケータイ小説 野いちご

BBB ~ 変人たちの集まり ~ ②

メイド喫茶


~ 優 視点 ~


俺…

マジで、何してんだろ……


「ちょっと~、優ちゃーんっ!

早く、ご主人様のとこ持って行ってよ~!」


「あっ…

すみません、店ちょ……いや、麗子さん…」


麗子さんは、俺に笑みを浮かべたまま…

手には、フライパンを握りしめていた。


危ねぇ…!

危うく、フライパンが飛んでくるとこだった……!


俺は、すぐに麗子さんからもらったオムライスとケチャップを乗せたおぼんを持ってキモい男どものテーブルに置いた。


「お待たせしました!ご…ご…ご主人様…」


うぇー!

俺、何言ってんだよーー!


「………ぐへへへ…」


「………あ、ありがとぉ……」


キモい…!

キモいしか言えねぇ……!


なんだよ、コイツら…

気持ち悪っ!

< 3/ 47 >