ケータイ小説 野いちご

進撃トーク

その1「進撃学園話。」(ホワスノ
その8「テスト当日」(sora

テスト風景


国語


サシャ「(代物…『だいぶつ』だ!)」


ジャン「(作者の伝えたいことは何?だと!?知るかよ!てめぇの思ってることなんて知りたくもねぇよ!)」


英語


クリスタ「(I live in Tokyo.の過去形はI live in Edo.っと!うん完璧♪)」


スノウ「(こんなの簡単すぎ)」


数学


コニー「(フフッこんなの全部・5って書けば1つはあたるって☆)」


ベルトル「(うわぁ…なんかお腹痛くなってきた…汗)」


社会


ライナー「(江戸幕府の初代将軍?俺だな)」


アニ「(世界は何でできているか?そんなの愛と憎しみだよ)」


理科


エレン「(やった!アルミンに教えてもらったもんしか出てねぇじゃねぇか!)」


マルコ「(どうしよう!猫って両生類?爬虫類?んーわかんない)」


カキカキ…


リヴァイ担「それまで。後ろから解答を集めろ」


皆「おわったー」


ざわざわ


リヴァイ担「今日はこれで学校は終わりだ。日直!号令」


ミカサ「起立。礼」


皆「さよーならっ!」


スノウ「リヴァイせんせー!私、全部100点?」


リヴァイ担「あ?知るわけねぇだろ。俺はお前らの採点で忙しいんだ。つまらねぇことで話しかけてくんな」


スノウ「うぇーけちー」


リヴァイ担「うるせぇ早く帰れ!」


スノウ「はーいリヴァイ先生さよーなら」


リヴァイ担「おう。さようなら」


________________


リヴァイ視点


はぁ…今から全クラスの採点かぁ…くっそだりぃ←国語の先生


がばっ


?「リーヴァイ!だーれだ」


…めんどくせー


リヴァイ担「ハンジ…いいかげんそれやめろ」


このくそメガネは毎回毎回


ハンジ先生「テストどうだった?楽しかった?」


リヴァイ担「楽しいわけねぇだろ見てるだけなんだからよ」


ハンジ先生「えー私は楽しかったけどなー」


ニヤニヤしながらくっついてくんな


リヴァイ担「…はぁどけ!もう採点すっからあっちいけ」


ハンジ先生「わかったよ♪私も生物の採点しないとね」←生物の先生


はぁ…行ったか


リヴァイ担「よしっはじめるか」


_こうして一日が終わるのであったー

< 8/ 12 >