ケータイ小説 野いちご

【短】今日、私は彼にチョコを渡します。

今日、キミにチョコをあげる






【愛維サイド】



「愛維見て!バレンタイン特集だって!」



2月13日、親友のミオちゃんがティーンズ向けの雑誌を開いて私に見せる。



「バレンタイン特集……?」



「そうそう!簡単なお菓子の作り方たくさん載ってるの!愛維は誰かにチョコ、あげないの?」



「えっ、わ、私は別に……」



私、崎本愛維(さきもとうい)は口をもごもごさせる。


そういえば明日バレンタインかぁ……すっかり忘れてた。
というか、好きな人なんていないしお菓子作る予定もなかったんだけどね。



「愛維ってば高校生にもなって恋したことないとか、どんだけピュアなのよ!」



ミオちゃんが私の背中をポンとたたく。



「だ、だって~……」



恋ってイマイチわかんないし、男の子に対してドキッとかそういうの、全然感じたことないし。
まず男の子と関わること自体少ないし。

< 1/ 16 >