ケータイ小説 野いちご

裏切り。

タイトル未編集



「ねぇ!次の時間移動だから家庭科室、一緒に行こっ!」

「…………うんいいよ!」


ちょっと長い沈黙が続いた。
この沈黙がこれから中学校生活の狂いとなる事を、、、。




まだ知らない。










< 1/ 2 >