ケータイ小説 野いちご

来ちゃダメ【短編ホラー】

1.ともだち

「ともだちなんて、いらないもん!」



仲村あやめ(8)は、ブランコを揺らしながら、

小さな石ころを蹴った。


夏も終わりに近づいた夕暮れ時、

公園にいるのは、いつのまにか、あやめ一人になっていた。


さっきまで、

ランドセルを背負った学校帰りの子供達が、

走り回ってさわいでいたのに。



転校してきて、一週間…



そろそろ、お母さんに、ともだちはできた?と、

聞かれそうで、あやめは、家に帰りづらかった。



「だって…

この学校ではコイチゴちゃん集めるのは、

もうダサイって言われたんだもの…」



ポケットから、

リングでつなげた五色のコイチゴちゃんを取り出した。

ブルー、グリーン、イエロー、パープル、ピンクの、

3cmほどの、五つの小さなマスコット。

Fァンタの野いちごソーダ味のぷるぷるシェイカーについているオマケで、

前の学校では、全7色集めるのが、クラスではやっていた。


あやめは、けっこう早く、5つ集めたほうで、

すごいねと一目おかれていた。



「いいもん。

ゴールドとシルバーのコイチゴちゃんも、

集めるんだから…」



そうつぶやいて、ポケットにしまおうとしたら、

女の子の声がした。


「わぁ!コイチゴちゃん五色も持ってるの?!」














< 1/ 15 >