ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幕末の恋と花のかおり【完】

第八章




夏の香りが漂い始めた五月下旬のある日。

その日の屯所は、朝から騒がしかった。



そう。

明治維新を一年ほど遅らせたと言われている、あの大きな事件が始まろうとしているのだ。








< 49/ 130 >