ケータイ小説 野いちご

幕末の恋と花のかおり【完】

第七章




ーーーー翌日。


私は土方さんが用意してくれていた着物に着替えていた。



「花織! 気をつけろよ!!」



「うん! いってまいります!」




屯所の門をくぐり、外へ出た。


立ち止まって空を見上げた。 雲一つ無い快晴。カラッと乾いた冷たい空気が気持ちいい。
今まで、こんなに清々しい思いをしたことがあっただろうか。



「花織、行くで。はよせんと置いてくで〜。」

そんなことを考えていたら、前の方から山崎さんの緩い大阪弁が聞こえた。


「今行きます!」

走って山崎さんの方へ向かう。普段とは違い、着物なので走りにくい。



「うわっ...っ!」

思い通りに足が開かず、つまづいてしまった。

ーーーーせっかく土方さんが着物を用意してくれていたのに、汚れちゃう。それに痛いだろうな...。


そう思い、覚悟をして目をつむった。














< 35/ 130 >