ケータイ小説 野いちご

幕末の恋と花のかおり【完】

序章




幕末の京で、恋という小さな花が一輪、開きました。

風に、雨に、人に押しつぶされそうになりながらも一生懸命、上を向き続けました。


そんな小さな花が向く方には太陽がありました。


ーーーーこれは、虚しくすぎる時の中を必死に生きた太陽と、ここに存在しないはずの小さな花の物語。




ーーーー幕末の恋と花のかおりーーーー






< 1/ 130 >