ケータイ小説 野いちご

捧げる愛、抱きしめる愛

第一幕
若き女帝、戸惑う。side.カロッサ


 私はレイが発した言葉を理解する魔法がなかったかと考えこむ。




 今まで沢山の魔法記載本を読んできた。
 なのに、肝心なときにその知識が活かされないのでは読んだ意味がない。

 何があったか、どんな魔法だったか…。







 「『見つけた…』」

 「あ?」

 彼が怪訝そうな顔をする。

 「『デ・ルルサ・デ・トルサ・ヴィ・モ・レード・ヴィ・モ・ディーヴォ』」

 これで合っているはずだ。



 突然、私の身体が白く光りだした。

 安堵した。
 光りだしたということは、魔法が成功したということ。



 「!?」

 レイが口を開けて目を丸くする。
 何故驚いている?
 魔法など、誰でも使えるであろう。



 「……通じるか?」

 私が発した言葉なのに、私の耳には馴染まぬ言葉。

 「え…?」

 「通じるかと聞いておるのだ。通じるか?」

 「あ、あぁ…」

 「ふむ。ならばよい。この魔法は高等魔法に分類される魔法故、扱える者も限られておる。見たことのない魔法であったろう?」

 「魔法…だと?」
 
 「まあそんなことはよい。とにかく、助けてくれてありがとう。では」

 私は寝具から出る。



 ふと、気が付いた。

 「何だ、この見慣れぬ衣装は」

< 26/ 47 >