ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。

season*3
素直なキモチ



「それ、絶対好きじゃん!」



「だよね、あたしもそう思う」



「うっ、そうなのかなぁ」



土曜日で学校が休みの今日、久しぶりに杏と真美の3人であたしの部屋にいた。


高校が別々になってからはみんな何かと忙しくて、久しぶりの3人での再会に懐かしさを感じる。



「そんなに積極的に来てるんなら、いっそのこと付き合っちゃえば?」



お菓子をつまみながら杏が言う。


高校に入ってから、杏はさらに美人に磨きがかかって大人っぽくなった。


真美は相変わらずのスポーツ女子で、中学の時とそれほど変わっていない。



「つ、付き合うって!?簡単に言わないでよ〜!」



「志帆の場合、好きになりかけてるんだからいいじゃん」



「…………」



自分でもまだ自分の気持ちがよくわからない。



< 156/ 250 >