ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。

season*3
なぜか惹かれちゃう



「ほーお。で、で?」



里緒にこれでもかってくらい顔を覗き込まれ、思わずのけぞる。


天使のような笑顔だけど、どこか小悪魔的で楽しんでいるような感じ。


可愛いからいいんだけど。



「でって言われても、そのあとはうさニャンカフェでお茶して、家まで送ってくれて。うちで夜ご飯食べて帰った」



「へーえ」



お昼休み、あたし達は中庭のベンチでお弁当を食べていた。


今日はいい天気だし、教室にいるのがなんとなくもったいなくて。


それに、里緒に久間君とのことを話したかったし。



「でも、引かれるのも時間の問題だよ」



本当はすごく楽しかったくせに、あたしはそんな風に自分に言い聞かせていた。


きっと、久間君も真田君みたいにあたしにゲンメツする。


きっとそう。



「そうかな?そんなことないんじゃない?」



< 131/ 250 >