ケータイ小説 野いちご

巡逢~茜色の約束~

Promise of the madder red
【Promise01 出会いは茜色】

放課後の、誰もいない屋上。

俺──綾瀬千速(アヤセ チハヤ)は、練習を終えてグランドを整備する陸上部を眺めながら、最早口癖のようになった言葉を呟いた。



「死にてえなぁ……」



そんな独り言は誰にも届くことなく、虚しく空へと消えていった。





まだ残暑の残る9月の終わり。

高3のこの時期になると、流石にみんな受験モードになる。

特に親しい友達もいない俺は、シャーペンを走らせるクラスメートを横目に、窓際の一番後ろの席からいつも窓の外を眺めていた。



「……」



広がる青空を羨むようになったのはいつからだっけ。

随分昔からな気もするし、最近のような気もする。




< 5/ 374 >