ケータイ小説 野いちご

巡逢~茜色の約束~

Promise of the madder red
【Promise03 見えない境界線】

朝一番、美生の元気過ぎる声に起こされた。



「……何」



寝起きが悪い……もとい、いい方でない俺は、顔を顰めつつ美生の性格はここ2日間で掴んでいたので、渋々起き上がって部屋を出た。

すると、昨日買ったエプロンを身に纏い、ニコニコと笑っていた。



……嫌な予感がする。



「これ!これで遊ぼうよ」



そう言って、背中の後ろに隠していたらしいものを俺に差し出す。

それは──



「……Woo?」



テレビゲームのリモコンだった。

キラキラと目を輝かせた美生が、興奮気味に口を開く。



「Wooって言うんだ!使ったことないから知らなかった」

「Woo知らないヤツとかいるんだ……」

「ゲーム買ってもらえなかったからさ」




< 40/ 374 >