ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 下

最終章




私の楽しい時間は刻々と過ぎてゆく。







・・止まってほしいのに。







・・止まらない。









そして・・ついにこの日が来てしまった。






竜「紀優、大丈夫か?」








紀「大丈夫。」







丁度理事長室で宣言してから1か月後のこの日、すべてが決まる。








辰喜は、浪駕で待機をさせた。







悠は浪駕を潰すことも考えられるから。






辰喜は最初硬く拒否してたけど。







2時間説得してやっと了承を得た。







その時約束した事






「死なない」






・・ごめん。守れないかも。






バーンと開く龍陽倉庫のドア。










悠「紀優~久しぶり~ん」










< 217/ 244 >