ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

男装騎士~あなたの笑顔護ります~

第1章
誰かの声




「ありがとうございました!」




道場に、元気な声が響く。
胴着から急いで制服に着替えた私、立花雪。


バタバタと慌ただしく道場を後にする。




「もう少しおしとやかにせんか!雪!」




後ろでお父さんの声がする。
この道場は、お父さんが作った道場だ。


生徒もそこそこいて、結構賑わっている。




「はーい!」



軽く聞き流しながら、学校に向かうため時間を気にして走る。





おしとやかに。
そんな単語私の辞書にはないのだ。



男の子に囲まれて過ごしてきた。
剣道をする女の子だって確かにいるけど、うちの道場はほとんどが男の子。
お父さんがかなり厳しいから、なかなか女の子は寄り付かないのだ。




< 3/ 616 >