ケータイ小説 野いちご

逢いたい…キミに。

◆第1章◆
止まらぬ、恋心

――…ある日の午後の授業。




日本史の授業は、本当に眠くなってくる。




でも頑張って授業聞かなきゃ。




日本史のテストまた点悪かったらヤバいもん。




スカートのポケットの中で、マナーモード中のケータイが揺れている。




【新着メッセージ1件】




大輔からだ…




**********
葉月、寝るなよ?

後ろから見てると頭が
ゆらゆら揺れてんぞ?

目覚ましに、窓の外、
見てみろよ
**********

< 29/ 296 >