ケータイ小説 野いちご

ヒトの世界

第一章
第一話

今日も今日とて・・・って言う言葉をしってる?
これは同じ意味の重ね合わせで、強調してるんだってさ


「今日も」、今まで通りなんだ、「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という言葉


まさにその通りだと俺は考える


だって、どんなに退屈な日常から抜け出したいって望んでも変化なんて訪れるわけはない
もし何が起こっても、生きていくことは変わりないんだから大差はないように思える


だから、俺は今日も今日とて日常を送る
いつも通りの時間に起きて、いつも通りに歯を磨いて、いつも通りに顔を洗って、いつも通りに飯を食って、いつも通りに身支度をして、いつも通りに鞄を背負って、いつも通りの時間に出て、いつも通り登校して・・・若干順番が違ったり変わったりもするけどそれは些細のことでさして変わりも無い


それに大きく変わったとしても、きっとその変わったことですらいつかは『いつも通り』になっちゃうんだから意味無いよね


だから『これ』もいつも通りなんだよ


だからね・・・だからね・・・俺が・・・



































































「自転車のかごの中にいたバッタ目・バッタ科に分類される昆虫の一種であり日本に分布するバッタの中では最大種、斜め上に尖った頭部が特徴であるショウリョウバッタが怖くて自転車ほっぽり出して全力で逃げているのもいつも通りな訳ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえ!!!!!!!!」

< 2/ 4 >