ケータイ小説 野いちご

お前は俺の専属メイド【完】

休みの日の過ごし方はあなたのままに
甘いひと時を永遠に





「マリア、用意は出来たか?」





「…ぅゔ…///」






どうして私がこんな格好しなきゃいけないの⁈




恥ずかしい…





「完璧だよ
似合ってる」



なんて呑気に呟いている悠は満面の笑み





私が着ている服は悠が用意したもので

今までは私服でスカートなんてはかなかったしで


今履いていることスカートの下がスースーして恥ずかしい///




「そこまで露出の高いものとは思えないんだけど?

ていうかメイド服のほうが恥ずかしいでしょ?」




なんたる余裕!




「行くぞ!」




グイッと腕を掴まれ引っ張られる






< 48/ 177 >